税理士法人アスタクス

開業35年の実績と総勢30名のスタッフ一同、皆様のご連絡をお待ちしております。

経営計画,資金繰り,補助金申請についてのご相談は、経営革新等支援機関に認定されたアスタクスへ。
アスタクスには資産税専門税理士がおります。資産税に特化した税理士なら適正な財産評価,税金対策,争族対策等あなたの為だけのオーダーメイド提案ができます。
埼玉県西部地域(飯能、入間、日高、狭山、所沢、川越、坂戸、毛呂山、鶴ヶ島、秩父等)だけでなく、東京都内(23区内、清瀬、東村山、武蔵村山、羽村、瑞穂、青梅等)可能な限り対応致します。


相続・資産税専門ホームページ

社会保険・人事給与・年金・助成金等は下記の法人にて承っております。

社会保険労務士法人レアクシオン
お知らせ
TKCコンテンツ
毎月更新!お役立ちコーナー
補助金・助成金・融資情報
社長メニュー
病院・診療所のみなさまへ
社会福祉法人のみなさまへ
TKC戦略経営者ローン
TKCシステムQ&A
関東信越税理士会 所沢支部所属

MAS監査とは?

PDCAサイクル

MAS: Management Advisory Service
マネジメント・アドバイザリー・サービスの略

将来の夢や目標を実現するために、過去の財務データを基にして、今何をすべきかを考える。それがMAS。
具体的には

  • 経営理念の策定
  • 長中期の経営計画策定
  • 単年度予算の作成
  • 行動計画管理
  • 月次業績検討会

のPDCAサイクルを、会社の現場と会計の結果をつなげながら考察していきます。
アスタクスの専門職員が、社長や二代目の相談役として、基本的な数字の見方から予実管理まで、継続的にサポートしていきます。

MAS監査とは「課題」と「問題」を抽出し続けることです

MAS監査とは

「あるべき姿」になるには身近にある「問題」を、「ありたい姿」になるには会社全体に関わる「課題」を解決する必要があります。
『MAS監査』では、この「問題」と「課題」を抽出し続けることで、お客さまを「あるべき姿」さらには「ありたい姿」へと導いていきます。

MAS監査とは「経営企画」を作り続けることです

経営計画

『MAS監査』では、まず会社の「目的」として、経営理念やビジョンを策定します。

そして、それらを会社・部門・個人単位の具体的な「目標」へと落とし込み、会社全体での浸透を図り、「経営計画」遂行への意識を高めていきます。